大学院志望者へ

大学院生の教育体制について

 当教室では、実験病理学と診断病理学の分野を分離することなく、臨床と基礎のかけ渡しができる人材を育成することを目標としています。
 病理診断部における診断病理学のトレーニング(医師のみ)を行う一方で、その知識を生かした研究を行います。形態学のみにこだわることなく、生化学、分子生物学、発生学などの手法も駆使し、複雑な疾患の成り立ちを明らかにしていきます。上記のような様々な実験手法を駆使し、世界に通用する研究者の育成を行っています。生物系・化学系の出身者のみならず、工学系出身者とも協力して画像の解析や診断ツールの開発等も行っています。医学はまだまだ発展途上ですので、他学部との協力は欠かせません。
 様々な出身大学の人が切磋琢磨し、研究・診断に励んでいます。病棟管理がないため、女性にも働きやすい環境となっています。産休・育休中の者や、育休を終えて復職した者もおりますので、相談もしやすいかと思います。
 大学院入学をご希望の方は見学も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

 連絡先:川井田 みほ
 Email  m.kawaida[アット]a7.keio.jp 
     [アット]を@に変更してください


活動内容

解剖示説会
 病理解剖された症例を提示しているところです。病理解剖とは、亡くなった患者さんの御遺体を調べさせて頂くことで、その患者さんがどんな病態であったのかを解明することです。こうした情報を臨床医の先生と共有することは、より良い診断ならびに治療につながっていきます。質の高い結果を提供できるよう、報告書を出す前に解剖示説会を設け、教室員全員で症例のチェックを行っています。

 

CPC
 Clinico-Pathological Canferenceの略で、症例検討を行う場です。まずは病理解剖された1症例について、臨床医から臨床経過、治療戦略等が提示されます。その後、病理医が実際の解剖結果を提示します。臨床診断と病理解剖診断を照らし合わせ、診断・治療戦略・治療効果等についてディスカッションを行います。医師間で複雑な病態を理解したり、希有な疾患を共有したりすることで医療レベルの更なる向上を目指します。慶應では、学部5年および6年の授業の1つとなっており、実症例から疾患の複雑さを学ぶことができます。

 

病理診断部でのトレーニング(1年目・医師のみ)
 入局される方は初期臨床研修を修了していますが、病理標本を診断する機会はほとんどなかったのではないかと思います。放射線診断よりも馴染みがないので、「病理診断って何をするの?」と思う方が多いはずです。実際、初期研修の臨床的知識は診断の材料として大いに役立ちますが、標本の評価をすることとはまったく違います。全員ゼロからのスタートです。 
慶應では、1年目に診断部研修があります(下記スケジュール表参照)。これは4ヶ月間病理診断部を活動の拠点とし、外科病理のみをじっくり勉強する期間です。短期間ですが、他のすべてを忘れて診断の勉強を行うことで、飛躍的に診断能力が向上します。また、同期間の一般検体切り出しはすべて行うことになりますので、マクロとミクロの対比を意識すると更に診断能力の向上が見込めます。写真は、前日診断の下書きをした標本を、部長と一緒に見ているところです。研修初日は「宇宙人語」と思えていた専門用語のオンパレードも、研修修了時には母国語になっていると思いますよ。
 尚、2年目以降も週1以上の研修が可能で、多くの人は週1回研修しています。

 

肝胆膵手術検体切り出し
 病理は顕微鏡を覗くのが仕事だと思っている方が多いですが、肉眼像(マクロ像)はとても重要です。訓練された病理医であれば、肉眼像だけでも大まかな診断が可能です。時には手術室で採取されたばかりの検体を診断することもあります。肉眼像を把握できれば、病理医としての能力は格段に高まります。写真は肝胆膵の手術検体を切り出しているところで、ディスカッションを交わしながら病気と向き合っています。画像診断が非常に発達してきたため、CTやMRIと照らし合わせた評価も行っています。

 

肝胆膵スライドカンファ
 こちらが皆さんの想像する病理医の姿ではないでしょうか?上記の切り出しにて作製された標本を、実際に診断しているところです。慶應義塾大学には各臓器の専門家がそろっていて、それぞれの部門で質の高い知識・診断能力を得ることができます。ディスカッション顕微鏡を用いた検鏡を行っており、大学院生の診断能力向上に努めています。

 

写真準備中

坂元研ミーティング

 

写真準備中

金井研ミーティング



大学院のモデルケース

四年間の見通し

 

一週間の生活例

 

取得可能な資格

 死体解剖資格(入局3年目)
 病理専門医 (入局5年目)
 細胞診専門医(入局5年目) 等

 

卒業後の進路

本人の意向により、大学に残り研究したり、市中病院で診断に従事したりと様々な選択が可能です。
留学という選択肢もあります。

 

先輩の大学院生にアンケート

久保田 直人 先生

1 なぜ病理をめざしたのですか?

 医学部3年のときに講義で初めて病理学を学んだとき、自分は医者になるという実感が湧いてきたことを今でもよく覚えています。テスト前にはその膨大な試験範囲にあくせくしながらも、人体について理論立った深い知見が蓄積されていることに感銘を受けました。さらに学年が上がると、より臨床的な内容を学びましたが、その際の根底にある理論もやはり病理で学んだときの内容でした。ただ医学部5-6年生の病院実習も終盤に差し掛かると、医学を理論として楽しむことよりも、国家試験・初期臨床研修に向けた実践的な内容を身に着けることに精一杯になっていました。実践的な知識・手技を会得することで充実を感じる反面、理論を理解する余裕を失って、知識と理論とが乖離した“覚える”だけの勉強につまらなさも感じていました。僕の初期臨床研修は3次救急指定の急性期病院でしたので、やはり目の前の仕事を回すことが第一でした。例え担当患者さんの病態について深く知りたくても、保険適応のない検査を追加するわけにもいきません。限られた情報の中から可能性が最も高い病態を選別していくことで臨床診断をしていましたが、もっと知りたいという欲求が蓄積していました。
 病理の良いところは、患者さんから得た検体そのものを取り扱うことができる点です。病理というと、一般的には顕微鏡で見て診断しているという印象が強いかもしれませんが、実際には患者さんの臨床情報、検査情報を理解したうえで検体を肉眼レベルで観察し、最終的には顕微鏡で解析するという一連の作業になります。もちろん病理診断では断定し得ない疾患・病態は多々ありますが、検体に関しては様々な角度から納得いくまで検討できるという強みがあり、特に病理解剖はその最たる例だと思います。自分が一生続ける仕事として、疑問に思った点をできるだけ検討できる立場であり続けたいと感じたため、僕は病理医を目指しました。


2 臨床に行かずに後悔していませんか?

 後悔は特にしていません。僕は入局して3年目を迎えますが、医学部の学生時代からときどき病理の先生方のお話しを伺っていたこともあって、今のところ入局前後での印象の違いも特にありません。ただ、僕は初期臨床研修で急性期病院に所属していたこともあって、臨床のやりがいに未練が全くないかというと嘘になります。救命センターでの一体感のある初期治療や、外来での患者さんとのやりとりを懐かしく思うときもあります。


3 入ってからの感想は?

 上述のとおり、特に入局前からの印象との相違はなく、充実した日々を過ごしています。取り立てての感想と言えば、やはり病理医は不足しているということです。そのため忙しい毎日ではありますが、その分、若手ながらも多くの経験をさせてもらえていると感じています。蛇足ではありますが、病理は科の性質上、大学に長期に在籍するため、同期と頻繁に会えることも楽しく感じています。


4 今後の目標を教えてください。

 日々の仕事、専門医、学位に加えて、臨床の現場に直結して役立てるような仕事ができればと思います。また、多くの人に病理に関心を持ってもらえるような仕事もしていきたいと感じています。

 

竹下 渓 先生

1 なぜ病理をめざしたのですか?

 初期臨床研修で様々な科で仕事をするうちに、診断学に興味が出て来ました。また、様々な臓器を幅広く扱うことの出来る科は意外と少なく、病理であれば単一臓器や病気だけを見るのではなく、全身を診ることができるのではないかと思いました。外科ローテの時は病理の結果次第で今後の治療方針がガラリと変わったこともありました。乳腺外科のときはセンチネルの迅速の結果をオペ室で待ったり(肉眼的になさそうなのにメタがあったときのショックと言ったら・・・)、消化器内科のときはカメラで毎日検体が出ましたし、循環器のときは心筋生検をしました。血内ではリンパ節生検で、病理でキャッスルマン症候群HHV8関連悪性転化が分かり、急いで勉強しなおしたりしました。
研修で病理診断部をローテートしているときに、病理に向いているかどうかは両眼視出来るかどうかだけ!と言われ楽しく研修した思い出もあり、最終的に病理を選択しました。


2 臨床に行かずに後悔していませんか?

 入局して半年ですが、毎日新しいことの連続で、語弊を恐れずに言いますと楽しいです。学問的な楽しさと診断や解剖を通してのやりがいがあると思います。また週末にはクリニックで内科外来をしたり、平日もたまに当直をしたりと臨床研修で学んだことを生かしたアルバイトも出来ているので、患者さんと話す機会は多いです。また診断部では病理専門医の先生方と各科の臨床の先生方とが直接会話をしながら標本を見て、症例を検討されており、チーム医療として臨床を支えている様子に凄いなあと感動しました。


3 入ってからの感想は?

 思った以上に様々なことが出来るなぁと言うのが正直な感想です。入局前は急性期の市中病院にいたので、病理といえば顕微鏡で標本を見ているいわゆる病理診断のイメージしかなかったのですが、解剖し、全身を更に標本にして報告書を作成したりCPCの準備をしたり、外科の手術検体を外科の先生と話し合いながら切り出しをしたり、研究のテーマを考えたりなどなど、様々な種類の仕事が合って面白いです。ずーっと座位で顕微鏡ばかり見ているのかと思っていましたが、そんなことはなかったです笑。
 また、市中病院にいた頃はとにかく日中はPHSで病棟に呼ばれたり救急に呼ばれたり、帰宅後も病棟の看護師からコールがあったりと時間の管理が患者さん次第でした。しかし、病理では、たとえば「午前中に鏡検して、午後から切り出しをしよう」と言った具合にスケジュール管理を自分で出来るところが魅力だなと思います。解剖も当番性ですので、自分の当番の日が分かっています。今日中に終わらせて明日は早く帰ろう、といったことが出来るのは、ベッドを持っていたときには考えられないことでした。自分でスケジュール管理をしたいという人にとってはかなりお勧めだと感じました。


4 今後の目標を教えてください。

 まずは病理診断の勉強をして、専門医取得を目指します。また基礎系の研究だけでなく、実際に外科の先生達と検体を使って臨床に則した研究をすぐ出来るところが病理の強みではないかなと思います。研究に関しては、全く分からないので、試行錯誤しながらチャレンジしていきたいなと思っています。